2019年10月3日木曜日

緻密な世界設定とメカオタクの活躍「神の国の奇跡」



作品ページ 神の国の奇跡|ノベルアップ

かわいい相棒ぺディアと異世界冒険


突然の転移

いわゆる「異世界転移小説」というジャンルの小説群の中で、特に本作が優れていると思われるのは、主人公が飛ばされる異世界の設定です。


主人公が転移した先の世界で「ここは異世界だ」と知覚するのは、異世界に魔法というものがあるからです。しかし、その異世界側の住人が主人公を自分たちの世界の住人ではないと知覚できるのは何故なのでしょう。本作では、その理由の一つとして、我々の住む地球は異世界と度々交流しているということになっています。

異世界は主人公側からは神の国と言われており、異世界に危機が訪れた時に地球から能力者が召喚されるということです。ただ、本作の主人公、残念ながら俺Tueeeにはなりません。そこそこ苦労します

第一に、異世界では魔力を持たない人は「マジボ」といわれ強烈な差別を受けます。第二に、異世界の勢力図は我々の世界と同じく単純ではありません。異世界での困難を解決するために呼ばれた主人公を、付け狙う勢力も存在します。

そんな困難を、検索機能とストレージつきの優秀な魔石「ペディア」とともに乗り越えていきます。

主人公のメカオタクぶりにほっこり

第二の魅力は、主人公のメカオタクっぷりです。幅広い知識で異世界に産業革命を起こすべく作戦を巡らしますが、壊れてしまった銃の試作品に謝罪の言葉を贈り、まるで心のある人を扱うように大事そうに扱います。その様子を見て魔石のペディアも若干引き気味笑

しかし、その主人公の性格、異世界にいい変化をもたらすんじゃないかと私は踏んでます。

そもそも異世界では、人格ある魔石のペディアも宿などでは「携行品」扱いされます。撃たれても壊されても再生できるペディアは、その能力ゆえに、恐らくは人らしい扱いをされたことがありません。

ペディアも一つの人格として扱い、体を気遣う主人公に、多分ペディアさん惚れてます。

笑える展開も

魔力がないことを知られないために作戦を練ったり、周囲の人々との心温まる交流もあり、主人公は少しずつ異世界に馴染んでいきます。

主人公が呼ばれた目的は達せられるのか、異世界産業革命の行方は、などなど、展開に目が離せません!


サイト訪問者の皆さまへ
ブログランキング参加中です。下のリンクをぽちっと投票お願いします(๑•̀ㅁ•́ฅ✧

人気ブログランキング

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ

にほんブログ村